美術とギャンブル


Image result for 美術とギャンブルここでは、美術とギャンブルとの関係について見る。

美術をテーマとするギャンブル

スポーツや競馬などとは異なり、美術作品をテーマにしたギャンブルはほとんど見受けられない。ただし、漫画やアニメを題材に現代の絵画表現のひとつとして定着したギャンブルというのは存在するようだ。特にカジノゲームにおいては、漫画やアニメの表現が活かされたものがある。

現在、カジノゲームの場はオンラインに移行しつつある。インターネット環境さえあれば、時間や場所を問わず、ゲームをプレイできるため、オンラインカジノを利用する人が急増している。

ゲームの種類はテーブルゲーム、スロットゲーム、ジャックポットなど、多種多様である。スロットゲームに関して言えば、数々のテーマやストーリーにマッチしたキャラクターが登場する。

オンラインスロットを再生すると、すぐに好みのゲームを見つけ出すことができる。

ギャンブルをテーマとする絵画

逆に、ギャンブルをテーマとする絵画作品は歴史的にも馴染み深い。

特に有名なのが、イタリアのカラヴァッジョの『いかさま師』と、フランスのラ・トゥールの『いかさま師』。タイトルは同じだが、作風も雰囲気も全く異なる作品である。

ちなみに、カラヴァッジョの作品は、男性2人がカードゲームで若い青年を騙している場面を描いたものとなっている。リアリティを持つこの絵画は後世の画家に影響を与え、ラ・トゥールもそのひとりである。ラ・トゥールの作品では、男性が女性をカードゲームで騙す場面が描かれており、ユーモアをきかせた教訓が込められている。