4種類のアート彫刻


ラテン語のsculpereから、彫刻という言葉は文字通り刻むこと意味ます。彫刻の芸術家は、あなたが歩き回ることができたり、平らな面の上に浮かんでいる立体的な芸術作品を救うことができる3次元の図形や形を作成します。アーティストは、彫刻、キャスティング、モデリング、3Dオブジェクトにさまざまなマテリアルを組み込むことを含む構築メソッドを含む3Dワークを作成するために、複数のメソッドとテクニックを使用します。キネティック彫刻と呼ばれる彫刻の中には可動部分があるものもあります。

彫刻の要素と原則
彫刻の輪郭線はその輪郭またはシルエットを定義する。複雑な彫刻では、多くの等高線があり、彫刻の周りの空の領域と彫刻が占める正の空間の両方を使用して芸術的に強化されています。フォーム、ライン、シルエット、スペースに加えて、彫刻の質量は、安定しているかバランスが取れていなければならず、審美的に快適な構成でなければなりません。作家の彫刻の仕方によっては、人間のスケールで作られていても動かなくても安定していて安定していても、イタリアのローマのトレビ泉の馬と人間の彫刻のように動きの中に入ったように見えます。

その他の原則と要素
スケールと比率はアーティストの彫刻に大きく影響します。ほとんどのアーティストは数学的な比率を使って彫刻を作成し、彫刻の各部分が他の部分と適切に比例するようにします。彫刻の規模は、それが表示されている場所で周囲の環境との関係に基づいています。いくつかの彫刻は、人間の生き生きとしたスケールを使用して作成されるか、アーティストが作成したいステートメントに応じて、小さくても大きくてもかまいません。彫刻の他の要素と原則には、テクスチャ、光と色、コントラストのための暗い光の演出、繰り返されるパターン、およびそれらのパターンのリズムが含まれます。

4つの彫刻のタイプ
彫刻は、モールド、キャスト、彫刻または組み立ての4つの基本カテゴリに分類されます。アーティストが成形された彫刻のために使用するメディアには、粘土、ワックス、パープル・マッシュ、プラスターが含まれます。鋳造彫刻には、彫刻のモデリング、金型の製作、金属やその他の媒体での鋳造が含まれます。ミケランジェロのピエタのような刻まれた彫刻は、大理石を切り刻むのに何年もかかった。組み立てられた彫刻は、リサイクルされた小片や小片を、どこからでも、アーティストに喜ばれるテクスチャード・フォームに引き寄せます。

Image result for molded sculpturesImage result for cast sculptures

Image result for carved sculpturesImage result for assembled sculptures

アーティストの解釈
すべてのアートワークと同様に、アーティストが作品を制作するために選択するメディアは、作品の描写の一部です。アーティストは、彫刻を使用して、使用する材料、その形、色、質感、質量またはサイズを介して、視聴者からの感情または応答を呼び起こす。子供のマウストラップゲームは、Rube Goldberg型キネティック彫刻の後に作ったボードの周りを動くように、プレイヤーが組み立てる運動中の運動彫刻の例です。